日本2大球技 サッカー&野球

サッカー選手になるのは大きな夢

夢

世界では最もメジャーなスポーツと言われているサッカーですが、日本ではなかなか人気が出ませんでした。日本には、昔から野球が文化として、根付いていたために、他のスポーツが割り込む事ができなかったのです。

ところが、サッカーはJリーグが創設されて、プロ化が図られ、さらには、代表チームという野球にはない魅力もあって、その代表が争うワールドカップへの出場によって、大きな盛り上がりを見せるようになりました。

その頃から、少しずつ、子どもたちもサッカーをするようになりましたし、プロ化されたことで、選手になるという夢を抱けるようにもなりました。さらには一流選手になって、海外のよりレベルの高い所でプレーして、世界的なプレーヤーになるという道もできてきたおかげで多くの人に人気があるスポーツとなっています。

今では、子どものなりたいものの一番にサッカー選手がくるくらいになっていますので、野球と一緒に日本の子どもの夢を作っていけるものであります。

サッカーのチームを応援しよう

チーム

サッカーはチームを作って得点を競い合うスポーツです。相手チームのゴールにボールを入れると得点が入るというルールになっていて、ゴールにはゴールキーパーが陣取っており、そう簡単に得点が入らないようになっています。

スポーツの勝敗予想 ブックメーカーはこちらへ

特典を入れるには、相手選手たちのディフェンスを避けてゴール前までボールを運んで行き、ゴールキーパー上手く翻弄してシュートを打つのが良いとされています。そのためには、まず相手の選手からボールを奪うことが必要になります。

相手の選手も必死で攻めようとしてくるため、ボールを奪うにはそれなりの技術が求められるのです。サッカーではゴールキーパー以外の選手は手を使えないルールになっていうため、素早い足の動きでボールを奪います。

そして、ドリブルなどを駆使してゴール付近まで運んで行くのです。この際に、チームのファンの人たちが応援をすることで、試合をより一層盛り上げることができます。また、選手もやる気が高まって行くのです。

年々ファン数が増加し続けるサッカー

ファン

日本を代表するスポーツと言えば、相撲と野球の2つが真っ先に挙げられるでしょう。しかし、それはあくまで伝統的な意味合いが強いものです。世間のトレンドにマッチし、若者の間で流行っているスポーツという風に考えれば、やはりサッカーが第一位です。

既にサッカーの人気は一過性のブームを超えており、今や国民的なスポーツである野球と肩を並べる水準となりました。特に若者と女性のファン数が多いのが特徴的です。野球はどちらかと言えば中高年の男性向けのスポーツになります。

そしてワールドカップが開催される期間は、日本中がサッカーの雰囲気に包まれます。国民すべてがテレビ画面に密着し、みんなが徹夜状態で試合の行方を見守ります。また試合が時差の関係でお昼時だった場合は、会社の方でスタッフ揃ってその観戦を楽しむ、という事もあります。

ファンの数も年々増加して来ており、国内のJリーグに注目する人々もいれば、本場のドイツやフランス、イタリアのリーグ戦を熱心に追いかける人々もいらっしゃいます。

国民的な人気を獲得したサッカーの凄さ

人気

もはや野球や柔道、相撲などを飛び越えて国民的なスポーツとなったサッカーですが、その人気は止まるところを知りません。若者のスポーツ離れが深刻化している今でも、唯一サッカーだけは新規のファンを多く獲得しています。

ファンの世代に偏りが見られます相撲や野球等とは違い、各世代に熱心なサポーターがいます。またワールドカップやオリンピックで、オールスターである日本代表の選手がピッチに出る時は国中がテレビ画面に釘付けです。

サッカー

寝る間を惜しんで応援に勤しむ人々もいれば、スポーツバーやパブリックビューで選手に向かって熱烈なエールを送る人々もいらっしゃいます。若者の人気を獲得している要因の一つに、テレビゲームがあります。

実在するプロサッカー選手を育成し、自分流にチームを組める大人気ゲームがあり、そういったソフトが流行っている事も、サポーターの新規獲得に好影響を与えています。Jリーグから欧州リーグ、女子リーグまで国内のサッカーファンは満遍なく各分野に投資と応援メッセージを送っています。